元気な100歳を目指して

100キロウォーク感想文

『元気な100歳を目指して』

ゼッケンNO 413 中村正文(58歳) 鹿児島市 (有)アテナス 16時間28分13秒 1回目

私の人生観のパラダイムは、平成19年3月に見たNHKのテレビ番組「百歳万歳」によって180度変わりました。その週は、百歳のお爺ちゃんが一生懸命に歩いているシーンで始まりました。「大変ですね。頑張りますね」とのインタビューに「何を言うか!一日一回ぐらいは、ゼェーゼェー、ハァーハァー言うぐらいの運動をしないと身体が鈍ってしまうぞ!」の返事。その瞬間、ソファにひっくり返っていた私に衝撃が走りました。その日を境に、生活習慣を変えました。当時の体重は、86キロ(身長174cm)で、まさしくメタボ、哀れな体形でした。それから毎日1時間歩き続けましたが、体重はなかなか減りません。8ケ月後、太りにくい体質にするには筋力トレーニングの重要性に気付き、歩く前に腕立て伏せや腹筋、スクワットを始めました。歩きと筋トレの継続は、翌年の11月に66.6キロ(BMI22)という理想的な数字を生みだしました。
ただ、歩き始めの頃は、歩かない言い訳を考えて、歩かない時もありました。それでも必死に続けました。一年も経てば、歩くことが当たり前になってきました。歩き始めて6年目の今は、朝飯前に1時間30分、晩飯前に1時間歩きます。一日2万歩以上、一週間14万歩以上歩くことと、筋トレを継続しています。妻からは、「あなたは、アル中(歩く中毒)ね」と言われるまでになりました。
成果を出す為には、継続しかありません。続けるために大事なことが、3つあると思います。まず目的がハッキリしていることです。私の目的は、元気な百歳になることです。単なるダイエットが目的であれば続かなかったでしょう。次に習慣にすることです。最初の頃は、歩くことが「例外」でしたので、歩かない理由や言い訳を考えて、歩く決心が出来ない時もありました。ところが続けていくと、歩くことが「原則」になってきます。ここまでくれば、何の迷いもなく歩き続けられます。三番目は、記録を取ることです。私は、歩き始めた日からカレンダーに回数と体重を書いています。10月14日現在、2,249回目、66.5キロです。71歳で1万回、100歳では、2万8千回になるはずです。数字の変化をみることで、モチベーションが上がります。「一貫不怠」、やってやってやり抜くことを誓っています。
さて、私の長距離ウォークとの出会いは、昨年、佐世保→島原城105キロウォークに参加したことです。ハッキリ言って、105キロという距離をなめていました。毎日歩いているから問題ないだろうと思って参加しました。前半は、快調に歩けましたが、後半、肉刺と筋肉痛に悩まされ、息絶え絶えでのゴールでした。この時の反省を踏まえ、今年の105キロにも再チャレンジしました。昨年の経験が活きて、時間を短縮することが出来ました。そして、今回の、行橋→別府100キロウォークへの初チャレンジでした。完歩タイム16時間40分、時速6.00km以上を目標にしました。チェックポイントごとの目標タイムを設定し、肉刺対策(5本指ソックス、1回は履き替える、あらかじめ出来やすい場所にテープを貼る)を十分にしました。そのおかげで、肉刺も出来ることなく目標タイムをクリアー出来ました。ただ、残念なことは、前夜、食事をした居酒屋「函館あかちょうちん」のマスター前田さんに遅れをとったことです。前田さんのタイム15時間26分39秒が、来年の目標タイムになりました。1時間以上(1キロ38秒)タイムを縮めなければなりません。かなり高いハードルですが、これから1年間は、歩きにスピードをつけることに励みます。
もちろん、100キロウォークへの挑戦は、100歳まで続けることが究極の目標です。


 600ページの中に、感動・涙・笑い・気づきがありします。
e0294183_9115948.jpg

e0294183_9162129.jpg

e0294183_9164071.jpg

[PR]

by atenas2848 | 2012-10-14 20:39 | 行橋→別府100キロ | Comments(0)

第14回行橋別府100キロウォーク

いよいよ待ちに待った「第14回行橋別府100キロウォーク」の当日になりました。
昨年から、何としても参加するのだとの思いが実現しました。長崎県の佐世保島原城105キロは、昨年、今年と2年続けて参加しましたが、行橋別府100キロは、初めての参加です。完歩タイムを16時間40分、平均時速6km以上を目標に、毎日のウォーキングに励んできた努力が実を結ぶ時です。
昨夜は、ぐっすり眠ることができました。今夜は、完徹が待っています。
ホテルで朝食を済ませ、ウェアーを着たり、ストレッチをしたりと準備を済ませます。9時を過ぎると続々と100キロウォーカーが聖地「正八幡宮」に集まってきます。4000人を超えるウォーカーが、「正八幡宮」を埋め尽くします。


e0294183_21161284.jpg

e0294183_21312137.jpg

e0294183_21361358.jpg


前日に受付は済ませていましたので、16-18時間が目標の最前列に並びました。

e0294183_91188.jpg
e0294183_21495241.jpg


11時30分から開会式があり、12時からいよいよスタートです。スタートは、混雑を避けるために、ウェーブスタート(1分開門、2分閉門の繰り返し)になります。

e0294183_21504843.jpg

e0294183_17191819.jpg


スタート直後は、今川沿いの河川敷を歩きます。行橋市のホテルや、観光協会など沢山の方々の応援に励まされます。

e0294183_21584783.jpg

e0294183_2201638.jpg

e0294183_2155713.jpg


そして、今川の沈下橋や永井浜を経て、国道10号線に出て、最初のチェックポイント中津駅(36.1㎞)に、17時34分(時速6.52㎞)に到着です。

e0294183_22585671.jpg
e0294183_22591439.jpg

e0294183_17134127.jpg

e0294183_226211.jpg

e0294183_17144750.jpg


ここから、国道10号線を南下して宇佐の第2チェックポイント(61.6㎞)を目指します。日もすっかり落ちてきたので、ヘッドライトの明かりを頼りに歩きます。9時46分(時速6.08㎞)に宇佐に到着です。ここからが、100キロウォークの正念場です。立石峠、七曲り峠(ここは、峠というより山道です)、赤松峠の難所が続きます。写真を撮るゆとりもありません。
やっと、午前2時13分(時速5.66㎞)に、最後のチェックポイント日出(86.8㎞)に到着です。
これからが目標タイムをクリアーする為の、最後の踏ん張りどころになります。必死に歩き、十数名を抜き去ります。そして残り5キロ地点に到着しました。(久しぶりにシャッターを切ったのでブレてます)
残り4㎞、3㎞、2㎞、1㎞と確実にゴールが近づいてきます。(時速6.10㎞)


e0294183_22183337.jpg

e0294183_22241720.jpg

e0294183_1731047.jpg

e0294183_1732136.jpg

e0294183_22251459.jpg


そして、目標タイムより早く16時間28分13秒で別府的ケ浜公園(100.7㎞)にゴールしました。平均時速6.12㎞順位146番(完歩者2,885名)、歩数130,663歩でした。何度歩いても100キロという距離は、あまりにも過酷ですが、ゴールの達成感と感動は格別です。

e0294183_22483348.jpg

e0294183_14232176.jpg

e0294183_17172121.jpg

e0294183_22492164.jpg
e0294183_2301776.jpg

e0294183_8432098.jpg


ゴールの後は、早速、ビールで祝杯です。至福の時でもあります。同じく100キロを歩いた戦友と、しばし歓談します。6時に温泉が開くと、入浴して100キロの疲れを癒します。
温泉から出た後も、続々とウォーカーがゴールします。
7時55分発のソニックに乗りこみ、新幹線に乗り継ぎ、お昼前に鹿児島中央駅に帰ってきました。もちろん、車中では爆睡です。
私にとって今年の聖戦(佐世保島原城105キロ・行橋別府100キロ)は、無事に終わりました。
早速、来年の聖戦に向けて7日(日)の夕方から、ウォーキングを再開しました。更なる高みを目指して鍛錬を続けていきます。

[PR]

by atenas2848 | 2012-10-08 19:05 | 行橋→別府100キロ | Comments(1)

100キロウォークの聖地行橋に到着です

10月5日(金)、鹿児島中央駅から新幹線で小倉まで行き、ソニックに乗り換えて、いよいよ明日に迫った「第14回行橋別府100キロウォーク」が開催される福岡県行橋市に到着しました。

e0294183_143502.jpg


行橋駅には、歓迎の旗が棚引いています。おそらく明日は、大勢のウォーカーが降り立つのでしょう。
駅前の「アパホテル」にチェクインして、スタート地点の聖地「正八幡宮」で、前日受付を済ませます。
受付を済ますと、明日の完歩を祈願してお参りしました。


e0294183_14154737.jpg

e0294183_14371992.jpg


そして、スタート地点から、試しに3キロ地点の今川沈下橋まで歩いてみました。今川沿いのコースで、信号もなく歩きやすい感じです。沈下橋を横切る珍しい所もあります。

e0294183_14495676.jpg
e0294183_14502945.jpg
e0294183_1451965.jpg


夕ご飯は、店のマスターが100キロウォーカーである、「函館あかちょうちん」に出かけました。マスターのゴールタイムを予測するゲームがあったので、私の目標タイムより1秒遅い、16時間40分01秒で予想しました。

e0294183_1456496.jpg
e0294183_14571036.jpg


お店が忙しそうで、ゆっくりとお話も出来ませんでしたが、美味しい焼き鳥や魚を堪能できました。マスターとは、翌日のスタート地点でも再会でき、お互いの健闘を誓い合いました。しかし、10キロ地点ぐらいで勢いよく追い越して行かれましたので相当早いタイムでゴールされたのではないでしょうか。(前夜、「私を追い越し禁止ですよ」と約束したのに)
[PR]

by atenas2848 | 2012-10-08 17:30 | 行橋→別府100キロ | Comments(0)