人気ブログランキング |

元気な100歳を目指して

100キロウォーク感想文

『元気な100歳を目指して』

ゼッケンNO 413 中村正文(58歳) 鹿児島市 (有)アテナス 16時間28分13秒 1回目

私の人生観のパラダイムは、平成19年3月に見たNHKのテレビ番組「百歳万歳」によって180度変わりました。その週は、百歳のお爺ちゃんが一生懸命に歩いているシーンで始まりました。「大変ですね。頑張りますね」とのインタビューに「何を言うか!一日一回ぐらいは、ゼェーゼェー、ハァーハァー言うぐらいの運動をしないと身体が鈍ってしまうぞ!」の返事。その瞬間、ソファにひっくり返っていた私に衝撃が走りました。その日を境に、生活習慣を変えました。当時の体重は、86キロ(身長174cm)で、まさしくメタボ、哀れな体形でした。それから毎日1時間歩き続けましたが、体重はなかなか減りません。8ケ月後、太りにくい体質にするには筋力トレーニングの重要性に気付き、歩く前に腕立て伏せや腹筋、スクワットを始めました。歩きと筋トレの継続は、翌年の11月に66.6キロ(BMI22)という理想的な数字を生みだしました。
ただ、歩き始めの頃は、歩かない言い訳を考えて、歩かない時もありました。それでも必死に続けました。一年も経てば、歩くことが当たり前になってきました。歩き始めて6年目の今は、朝飯前に1時間30分、晩飯前に1時間歩きます。一日2万歩以上、一週間14万歩以上歩くことと、筋トレを継続しています。妻からは、「あなたは、アル中(歩く中毒)ね」と言われるまでになりました。
成果を出す為には、継続しかありません。続けるために大事なことが、3つあると思います。まず目的がハッキリしていることです。私の目的は、元気な百歳になることです。単なるダイエットが目的であれば続かなかったでしょう。次に習慣にすることです。最初の頃は、歩くことが「例外」でしたので、歩かない理由や言い訳を考えて、歩く決心が出来ない時もありました。ところが続けていくと、歩くことが「原則」になってきます。ここまでくれば、何の迷いもなく歩き続けられます。三番目は、記録を取ることです。私は、歩き始めた日からカレンダーに回数と体重を書いています。10月14日現在、2,249回目、66.5キロです。71歳で1万回、100歳では、2万8千回になるはずです。数字の変化をみることで、モチベーションが上がります。「一貫不怠」、やってやってやり抜くことを誓っています。
さて、私の長距離ウォークとの出会いは、昨年、佐世保→島原城105キロウォークに参加したことです。ハッキリ言って、105キロという距離をなめていました。毎日歩いているから問題ないだろうと思って参加しました。前半は、快調に歩けましたが、後半、肉刺と筋肉痛に悩まされ、息絶え絶えでのゴールでした。この時の反省を踏まえ、今年の105キロにも再チャレンジしました。昨年の経験が活きて、時間を短縮することが出来ました。そして、今回の、行橋→別府100キロウォークへの初チャレンジでした。完歩タイム16時間40分、時速6.00km以上を目標にしました。チェックポイントごとの目標タイムを設定し、肉刺対策(5本指ソックス、1回は履き替える、あらかじめ出来やすい場所にテープを貼る)を十分にしました。そのおかげで、肉刺も出来ることなく目標タイムをクリアー出来ました。ただ、残念なことは、前夜、食事をした居酒屋「函館あかちょうちん」のマスター前田さんに遅れをとったことです。前田さんのタイム15時間26分39秒が、来年の目標タイムになりました。1時間以上(1キロ38秒)タイムを縮めなければなりません。かなり高いハードルですが、これから1年間は、歩きにスピードをつけることに励みます。
もちろん、100キロウォークへの挑戦は、100歳まで続けることが究極の目標です。


 600ページの中に、感動・涙・笑い・気づきがありします。
e0294183_9115948.jpg

e0294183_9162129.jpg

e0294183_9164071.jpg

by atenas2848 | 2012-10-14 20:39 | 行橋→別府100キロ | Comments(0)